ソーシャルアパートメントに住んでいる

ソーシャルアパートメントに住んでいる。そのことを人に話すと、「え、意外だね」もしくは、「え、テラスハウスじゃん」と言われる。

ソーシャルアパートメントとは、こんなところ。自分の部屋はあるけど、お風呂とかキッチンとかは共有の家。

シェアハウスよりもソーシャルアパートメント
シェアハウスにはないライフスタイル、それがソーシャルアパートメント。従来のマンションとは違い、プライバシーを確保し入居者同士が集うラグジュアリー空間を設置。...

 

私は海外のゲストハウスなんかで、知らないひとと同部屋でも気にしない。共有のキッチンやお風呂でも気にしない。だから、意外ではない。

テラスハウスは、見たことがないから、わからない。わからないけど、たぶんテレビでやるようなキラキラした感じとはちょっと、ちがうと思う。恋愛ごとばかりではないし。(テラスハウスって、それがメインなんだよね?)

大人数でのパーティーは苦手。少人数でおしゃべりするのが好き。ひとりがいい時もある。それでも、私はとても楽しくやっている。ここは思ったより、いろんな関わり方ができる。どう過ごすかは、自分で決める。

ソーシャルアパートメントに住んでいて、よかったこと、不便だと思うことはいくつかある。

■よかったこと

  • 誰かとお酒を飲みたいときに一緒に飲める
  • 料理を作って、あまったら食べてもらえる
  • いままで買ったことのない食材の使い方を教えてもらえる
  • キッチンが広い
  • 人と話したいときに誰かしらいる
  • 掃除をしなくてよい(これスーパー楽)

ここまで書いて思ったけど、やっぱり「誰かがいる」ことのメリットが大きい。

■不便なこと

逆に不便なところとして、お風呂とかキッチンとか、タイミングがかぶって使えないことがあるんじゃないの?という質問も必ずされるけど、これはうまいこと生活時間帯がずれていて、特に不便はない。

  • キッチンや洗濯機が部屋の近くにないので、いちいち降りていかなきゃいけない(住む物件の構造による)
  • 住んでいる人は何十人もいるので、合う人も合わない人もいる(それは大人なのでなんとかうまくやりましょう)

 

まとめると、なんだか楽しかったなということです。ここでの生活も残り少なくなってきたので、しんみり振り返っている日々です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です