はじめてのワーホリ準備(海外旅行保険編)

ワーキングホリデーに行こうと思ったら、決めなきゃいけないこと、調べなきゃいけないことが山ほどある。その中でも調べるのが大変だったのが、海外旅行保険。保険といっても国によって変わってくるので、オーストラリアでの滞在を前提に、私が調べた内容を記録しておく。

オーストラリアの医療費

そもそもなぜ保険が必要か?というと、オーストラリアの医療費がびっくりするほど高いからだ。調べたところによると、盲腸の手術で最高100万円、救急車に乗ったら9万円、入院一日5万円。地域で変わってくるだろうとは思うけれど、日本の感覚でいると大変なことになりそう。

■参考にしたページ

オーストラリアの医療費と海外旅行保険の節約 | 海外旅行保険比較節約研究所
このページの目的 海外旅行保険は、本当に1年で20万円以上もする「支払い無制限」のものが必要なのでしょうか?短期の保険なら、本当に、クレジットカード付帯の保険だ...

保険用語

保険用語がよくわかっていなかったので、そこから調べた。漢字が並んでいるから分かりにくいけど、一度意味が分かると比較検討もしやすくなった。

  • 傷害死亡
    死んでしまった際の補償
  • 傷害後遺症
    事故などによる後遺障害の補償
  • 疾病死亡
    病気による死亡の補償
  • 治療・救援費用
    怪我や病気による医師の治療や手術費用 入院費などの補償
  • 賠償責任
    滞在中の部屋を水浸しにした、お店の商品を壊したなどの補償
  • 生活用動産
    空き巣や盗難に遭ったの室内にある家財補償
  • 携行品
    自分の所持品が盗難、破損してしまったなどの補償

この中で一番使う可能性が高いのが、「治療・救援費用」。これをいくらの保障にするかによって、保険料が変わってくる。治療・救援費用は、一度に使うお金のことなので、たとえば500万円の保障だとすると、怪我をして500万円まで、その後入院することになったとしても、500万円の保障になる。私はここを勘違いしていて、合計が500万円までの保障なのかと思っていた。でもそうではないので、結局は1000万円の保障のプランにした。

■参考にしたページ

私の場合

以上のことをふまえ、いろいろ探した。家族とも相談した。私には配偶者はいないので、保険金を受け取るのは親ということになる。ということは、そのへんは私の意思だけでなく、家族にも聞いておいたほうがいいかなと思ったのだ。安いプランだと、死亡保障がゼロになるのだけど、少しは保障があるプランにしたい。予算は15万円くらいまで。

調べた結果、「どの会社もサービスにあまり違いはない」ということがわかった。大手であれば日本語での対応をしてくれるし、保障内容もあまり違いがない。ということは、あとは、保険料のみ。そして、たどりついたのが東京海上日動の特別プラン。治療・救援費用は1000万円までで、死亡保障は500万円のプランにした。それで1年間14万円くらい。

なんだかんだ、学校の手配をお願いしたエージェントにとてもお世話になっている。詳しくは下記URLまで。

■参考にしたページ

これらにお世話にならないのが1番の目標。健康で、怪我なく、無事に帰ってきます!

(つづく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です