はじめてのワーホリ準備(持ち物編)

途中にカレーの話を挟んでおきながら、ワーホリ準備持ち物編を更新してなかったので、更新します。少しでも参考になれば幸いです。

最初はスーツケースに荷物を詰めても、思ったより余裕があった。でも、出発前になるとその余裕はどこへやら。減らしても減らしても、入れたいものが出てくる。現地で大体なんでも買えるので、必要最低限だけにしようと思ったものの、それを選択するのに時間がかかった。

かばん

基本的にはいつも使ってるやつをそのまま使う。2ヶ月だけ学生するので、バックパックは必須!

  • スーツケース(70〜80リットルサイズ)
  • バックパック
  • お出かけ用ななめかけバッグ(革)
  • お出かけ用バッグ(カジュアル)

衣類

強いこだわりはないので、ほとんどユニクロ&無印良品。あとはゆるっとしたワンピース。到着したら冬なので、防寒グッズも。

  • 衣服(スーツケース半分)
  • 上着(ウルトラライトダウン、フリース、マウンテンパーカー)
  • 靴(スニーカー、黒革靴、クロックスのつっかけサンダル、KEENのローズサンダル)
  • 下着
  • 靴下(靴の中につめこんだ)
  • 帽子

日用品

基本的には今使っている使いかけを持っていく。なくなったら現地で買う。このへんの買い物も楽しみ。ドライヤーは最後まで悩んで結局持っていくことにした。バックパッカーとかでドライヤーないところもあるし、マイナスイオンで少しでもダメージが軽減できればうれしい。

  • 洗顔フォーム
  • 化粧落としシート
  • 歯ブラシ(家にあったやつ3本)
  • 歯磨き粉
  • 化粧道具
  • 化粧水
  • ホホバオイル
  • 洗い流さないトリートメント
  • 洗い流すトリートメント(美容院で美容師さんがくれた)
  • パック(もらいもの)
  • 日焼け止め
  • 生理用品(できるだけたくさん)
  • 海外電圧対応ドライヤー
  • タオル(モンベルのすぐ乾くタオル)
  • サングラス
  • 折りたたみ傘
  • 洗濯物干すやつ


正露丸とオロナイン以外は透明のケースに移し替えた。箱がかさばるから。

  • 鎮痛剤
  • 軟膏
  • 絆創膏
  • 風邪薬
  • 胃薬
  • 酔い止め
  • 正露丸

勉強道具と文房具

写真撮る時右上のポーチのチャックを閉めてなかったのが悔やまれる。お手紙グッズなんかはもうちょっと減らせたかな…と思いつつ、ちょっとしたときに使いたい。

  • 筆記用具
  • 各種ふせん(厳選した)
  • マスキングテープ(厳選した)
  • 電子辞書
  • お手紙グッズ
  • ルーズリーフ


電子機器

右下の各国対応変換プラグは、まぁまぁコンパクト。いろんなところからニョキニョキプラグが出てくるタイプで、なんとなく幼児の知育おもちゃみたい。

  • パソコン
  • iPhone
  • Kindle
  • イヤフォン
  • 上記の周辺機器
  • 各国対応変換プラグ、O型電源変換プラグ

貴重品

国際キャッシュカードに関して、出発直前ですったもんだあったので、後ほど記事にする。

  • 財布(普段使い用、コンパクトにしたい時用)
  • クレジットカード(VISA)
  • 国際キャッシュカード(新生銀行)
  • パスポート
  • 海外旅行保険の証書

食べ物

日本のものが恋しくなるだろうなとは思いつつ、食にこだわりがなさすぎてこんなラインナップになった。ほうじ茶はいただきもの。ありがとう。

  • コンソメ
  • かつおぶし
  • ほうじ茶
  • 緑茶
  • 和風だし

お土産としてお菓子を持ってきた。

  • キットカット(抹茶)
  • じゃがりこ
  • あめちゃん

がんばるためのグッズ

日々がんばるためにお気に入りを用意した。(私自身は関東出身だけど)聞き慣れた関西弁を聞くためにDVDも忘れずに。

  • ワーホリ本
  • 小説
  • 英語の日記帳
  • 関ジャニ∞ライブDVD

いろんな人のブログやサイトを参考にして詰めた結果、スーツケースは22㎏くらいになった。思ったより重い。ミニマリストへの道のりは長い。(目指してないけど)

(準備編おわり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です