ワーホリ前のマイナンバーにご注意

マイナンバー、ご存知ですか。ご存知ですよね。マイナンバー関係のことって、ワーホリブログでまだあんまりブログとかで見かけないから、本当に気をつけてほしい。海外に行く人は気をつけないと、面倒なことになる。今日は私の失敗談について。

私の失敗を整理するとこういうこと

  • 海外で国際キャッシュカードを使うのにマイナンバーの届け出が必要、書類を郵送
  • 実はこの時マイナンバーのコピーが必要だったのに、送り忘れて不備になっていた
  • 不備になっていることに気づかず、先に転出届けを市役所に提出
  • 銀行に「海外に転出した証明」と「海外にいるから口座の管理をこの代理人に任せます書類」を出さなければいけなくなった

何がしたかったか

私はワーホリ用のお金の引き出しを国際キャッシュカード(日本円で預けた自分の口座のお金を、海外のATMから現地通貨で引き出せる便利な機能)で行おうと思っていた。

新生銀行の口座は持っていなかったので、新規で作ることにした。すると、海外で国際キャッシュカードとしてカードを利用するためにはマイナンバーの届け出が必要だということが判明。早速書類を書いて、郵送した。でも、その書類に不備があった。

面倒なことになった

不備に気づかず、口座の手続きが完了する前に、転出届を勢いあまって提出してしまった。そのため、マイナンバーが無効になっていた。マイナンバーは住んでいる自治体で管理されていて、住民票とかと同じで、転出してしまうと無効になって、新たに転入することでまた有効になる。しかし、私は海外に転出したことになっていたので、住所がない。銀行では私のマイナンバーが確認できないことになる。それで、銀行に「海外に転出した証明」と「海外にいるから口座の管理をこの代理人に任せます書類」を出さなければいけなくなったのだ。

どうすればよかったのか

  • 手続き系は早めにやる
    準備は計画的に進めていたつもりだったけど、足りなかった。早めに口座を作っていれば、住所があったので、何も問題がなかった。また、最初に提出したマイナンバーの書類に不備がなければ…と色々後悔はあるけど、今後に活かすことにした。
  • わからないことはよく調べる
    よくわかっていないことはきちんと調べるべきだなと思った。もしかしたら隅々まで調べたら出てきたかもしれない。
  • 転出届は、諸々終わってから大丈夫
    特別なことは何もなくて、普通の転出届の転出先を海外にするだけ。(地域によっては違うかもしれないので、自治体のサイトでチェック!)焦らなくても、転出届の処理は簡単に終わるから、最後で大丈夫。

 

時々失敗するけれど、これも経験だよな〜と結構前向きな自分に自分でも驚いています。私の代わりに色々やってくれた両親に感謝。

2件のコメント

  1. オチに笑いました。お役所がらみ系、面倒だよね~。
    友だちの話だけど、海外での就労ビザ取得が死ぬほど大変で、心がバキバキに折れたと言ってたよ。
    まだ言葉が不自由なときだったから外国語でやり取りするのもつらいと・・・
    調べるのも大事だし、直接問い合わせる(面倒さえ乗り越えれば)ことも必要だね。
    わたしも身のまわりのことしっかりしなきゃなー。

    1. ビザ関係はほんとに大変だよね…まだ日本語だったからね。
      直接ね、市役所でも聞いたし銀行のコールセンターにもかけたんだけど、
      みんな初めてのパターンだったらしく最初は「できません」って言われたの。
      たらい回しー!だったんだけど、本当につい最近、完結しました。。追記しておくわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です