どの情報を採用するか問題

情報があふれている。ネットで調べれば海外のことだって、なんでも知ることができる。でもたくさんの人が書いているからこそ、どの情報を自分が参考にするかというのがすごく大事だなと思う。

自分が何か情報を必要とするとき、自分に必要な情報は何なのか、それを書いている人はどのような人なのか知っておかないと自分が欲してるものとは違ったりする。

S字フックの必要性

旅行の持ち物などは、できるだけ自分に似た状況の人の情報を参考にするのが好ましい。年齢、性別、趣味趣向。こちらに来る前、ネットでよく「S字フックがあると便利!」というのを見た。でも、今の私の環境では必要がない。持ち物に関しては、絶対に自分のこだわりがあって、ないと困るものだけ持って来ればよい。どんなところに住むか、何が必要か、結局行ってみないとわからないことも多々あるのが難しいところではあるけれど。

オーストラリアには大型犬しかいない

メルボルンに到着した日、エージェントの方とお話をしていて、「こちらでペットとして飼われているい犬は大型犬ばっかりだよ。小型犬は全然見かけない」ということを聞いた。確かにシティー内では、小型犬は少ないけれど、少し電車に乗って郊外に出るとむしろ大型犬の方が少ない。

 

人それぞれ、その人にとっての事実がある。だから、それが悪いわけではない。いろんな角度から物事を見る。私の永遠のテーマだ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です