メルボルンにきて3ヶ月が経った

メルボルンにきて、3ヶ月半くらいが経った。それはつまり、私のワーホリ生活の4分の1が終わったということである。時間が経つのがとても早かった気がするし、毎日濃かったから、まだあと半分以上ある!まだまだいろんなことができる!という気もする。

これまでの3ヶ月間を振り返ってみる。

8月

「学校」「ネイティブのイングリッシュスピーカー」「SNS」の3つを大きな軸に、友だちを作ろうと決めた。学校で友だちをたくさん作るつもりだったけど、最初は全然できなくて、「友だちってどうやって作るんだっけ?」と本気で悩んだ。それでも毎日顔を合わせるクラスメイトなど少しずつ友達ができ始める。

ネイティブの友だちは、Gumtreeを使って広告を出して、SNSの友だちはインスタグラムで声をかけナンパして見つけた。女の子は、いずれもかわいい子が多いのでうれしい。

9月

学校2ヶ月目。メルボルンの生活にもだいぶ慣れてきた。お気に入りの場所が増えて、いつも行くカフェでは顔を覚えてもらえるまでに。少しずつ仕事探しを始めるも、なかなかうまくいかず苦戦。9月末には学校を卒業。新しい刺激が少なく感じるようになった。

同時に仕事を探し始めるも、苦戦。経験とスキル重視の仕事探しの壁にぶつかる。日本にいる時にもっと色々やっておけばよかったと思ったけど、私には私のできることがあるはず。とはわかっているけどやっぱり見つからず、感情の浮き沈みも激しく鬱々として辛かった(笑)もちろんこちらにいるだけで楽しい。だけど「何をしに来たんだっけ?」を見失いつつあった時期。

10月

バイトを始めた。働きはじめの1週間は、朝と夜シフトの両方に入っていて、一言で言えば地獄。よく怒られた。しんどくてあっという間だったけど、胸を張って「働いた経験あります」と言えるようになったので、よしとしよう。後半はシフトを減らしたので、たいぶ楽になった。本を読んだり映画を観たり、インプットの時間が取れるようになったらブログの記事も書けるようになった。

3ヶ月ちょっと生活してきて、いつも思うのは「旅にでたい!」ということ。せっかくのワーホリだから、行きたいところは行けるように計画立てないと。何が大切なのか、何を経験したいのか、常に考えておかないと。さて、これからの9ヶ月も楽しんでいきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です