メルボルンの本屋さん巡りその8-Readings

今回の本屋さんは、「Readings」。よく目につくので、たくさん店舗があるのかな?と思っていたら、メルボルン内に7店舗のみらしい。どうやら私はこの本屋さんに縁があるようです。私のお気に入りは、ハリーポッターみたいな有名な読書室のあるState Library of Victoriaの中にあるこちら。

まだここで本を買ったことはないのだけど、茶色の紙袋のロゴ、イラストが好き。この袋を持っている人を発見すると、いつも「お!」と思う(笑)

この本屋さんは、本屋大賞的な賞も主催している。

Readings also runs three annual literary prizes: The Readings Children’s Book Prize, The Readings Young Adult Book Prize and The Readings Prize for New Australian Fiction. All three literary prizes support emerging Australian authors. Every year, a shortlist of six titles is selected for each prize by a revolving panel of Readings staff.

店内はこんな感じで、広くはないけど古典からたぶん最新作まで揃っている。歴史ある図書館内にあるだけあって、落ち着いた雰囲気。そして図書館の中に店を出したのはここが初めてらしい。

ここは期間限定コーナーで、図書館で今開催している展示の関連グッズを取り扱っている。

奥のほうにはひっそりと子どもコーナー。あれ?どこかで見たことある?という日本のキャラクターも売られている。

カード文化が発達しているオーストラリア、ここにも売っている。ちょっとしたお土産になりそうなマグカップや、地元のアーティスト作の商品などもあり。お土産買うなら、やたら高い空港とかそのへんのお土産やさんじゃなくて本屋さんとか雑貨屋さんがおすすめ。

Readingsは、どこの店舗へ行っても「あ、あのお店なら何かいいもの見つかりそう」という安心感がある。

Readings State Library
State Library Victoria, Cnr La Trobe and Swanston Streets, Melbourne
https://www.readings.com.au/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です