タスマニアにいくことにしました

メルボルンを一度離れて、タスマニアにいくことにした。タスマニアはメルボルンのさらに南に位置する島で、飛行機で1時間と少しでいくことができる。

私はメルボルンがたぶん好きだ。毎日おいしいコーヒーが飲めるし、街にはいろんな国のいろんな言葉を話す人たちがいて、文化が入り混じっているのが楽しい。みんなそれぞれちがうし、それでいいんだと思える。別の場所に移動することは、あまり考えていなかった。

でも何が起こるのかわからないのが人生で、急に思い立って旅立つことにした。今の状態がベストかと聞かれると、自信をもってそうだと言えないしもっともっとよくなるはず、と諦めが悪く信じている。

それに英語を忘れたくない。まだまだ言葉が出てこないことが多い。何か伝えたいとき、思うように話せないのはなかなかのストレスだ。何が必要なんだろうと考えてみると、明らかに「もっと話すこと」だと気づいた。せっかく学校にも行ったのだし、もっともっと話をして使っていきたい。もっともっと新しい表現も吸収したい。

さて、いってきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です