子どもに学ぶ言語習得の方法

詳しくはまた今度書くつもりだけど、今、子どもたち(3人姉妹)と一緒に暮らしている。彼女たちはここ、タスマニアの地で育ったオージーなので、もちろん英語ネイティブである。そんな彼女たちを見ていると、人がことばを習得していく過程が見えてくる。それを私も英語を習得するのに活かせたらいいなあ。

なんでも口にする

思ったこと、これからやろうとすること、やりたいこと、なんでも口にする。「マシュマロもういっこ食べたい」「外でトランポリンがしたい」「これからあっちに行ってお絵描きしよう〜っと」などなど、大人だったら言わないことまで、全部。それがおしゃべりの練習になっている。

質問する

わからない単語があれば、質問をする。この前は「シナモンって何?」って聞いていた。質問して、答えを聞いて(それを覚えているかは定かではないけど)、語彙を増やしていく。毎回質問されるママは、大変だけどね。。

繰り返す

妹は、お姉ちゃんがやることを真似してやりたがる。言語も同じで、姉妹で同じようなことを言っている。

 

とにかくことばを発すること、が大事なんだな。ネイティブのイングリッシュスピーカーが多いと受け身になりがちだけど、子どもたちのようにおしゃべりになりたい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です