タスマニアでWorkaway!出費が400円だった話

メルボルンから飛行機で1時間ちょいの離島、タスマニアでWorkawayを使ってボランティアワークをしてきた。ボランティアで働くのは今回が2回目だけど、場所も家も違えば様子は全くちがう。その人の人生をシェアしてもらえるって、すごいな。面白いな。ほぼ2週間滞在して、使ったお金は400円くらいだった。

Workawayとは?

世界中のホストとボランティアをつなげるサイトで、何かしらのヘルプ(畑仕事を手伝うとか、子どもと遊ぶとか)をする代わりに、ボランティアは滞在費がかからずにそこにステイすることができる。

前回のメルボルン・ヤラバレーでのWorkaway体験の記事はこちら

Workawayというサービス、知ってますか?世界中のホストとボランティアをつなげるサイトで、何かしらのヘルプ(畑仕事を手伝うとか、子どもと遊ぶとか)をする代わりに...

ちょっと間が空いてしまったけど、Workawayというサービスについて実際に何をやったのか、どんなことを体験したのか、何を感じたのかをまとめておきます。とにかく良い...

一日の流れ

7:50 起床
8:00 朝食
8:30 キッチンの片付け、ちょっとのんびり
9:00 準備をして、仕事へ
12:00  昼食
13:00  準備をして、仕事へ
15:00  休憩、自由時間
17:00  夕飯の準備のお手伝い
18:00  夕飯
19:00  キッチンの片付け、その後自由時間

これはある一日の一例。朝ご飯のあとに、今日はこれをやってね、と言われるスタイルだった。暑い日は午後の仕事はなしで、お出かけするママの代わりに子どもたちと過ごしたりとか、仕事内容はその日によって違った。

お手伝いの内容

今回私が滞在したおうちでは、ワインを作るためのVineyard(ぶどう畑)のお世話と子どもたちと遊ぶことがお仕事。

・ぶどう

私が手伝ったのは、道にはみ出している枝を内側に入れ込んでいくTucking in という作業。一人で作業することもあったし、ドイツからきていたバックパッカーの女の子と一緒のこともあった。

こんな風に道にはみ出してわさわさ伸びているのを

これらを使って、ワイヤーにくくりつける。

ちっこい実がなっているのも

こうやって色が変わっていく。

一人の時は、ここぞとばかりに音楽をかけてカラオケしていた。その姿を客観的に見ると笑えるけど、気持ちよかったな。周りは自然いっぱいで、静かで。外で身体を動かすっていいなって、初めて思った。

・子どもと遊ぶ

一緒に過ごしたのは3姉妹。お料理だいすきで感情豊かな長女、パパママの前だと甘えん坊だけどやんちゃな次女、クリエイティブな発想がすごい三女。三女とはお絵描きを一緒にしたんだけど、「You can draw anything you like(好きなもん描いていいんだよ)」とか、「You have to copy mine!(私のをコピーしてね!)」とか、やや上から目線(?)な言い回しがかわいらしくて、いつも笑ってしまった。

これが彼女たちの遊び場。左側にトランポリンがある。

子どもたちは、気に入らないことがあるといつも「も〜〜〜〜」ってぷりぷり怒って、泣いて、5分後には笑っていた。全く覚えていないけれど、私の子どもの頃はどんなだったんだろう?こんなに自分の不満や希望を表明していたんだろうか?今度、母に聞いてみることにしよう。

・食事のあとの片付け

食器を片付けて、食洗機にセットする作業。テーブルの上をきれいにする。食べこぼしがすごいので大変だった。

お手伝い以外の時間のこと

ホストのご好意で、観光地に連れて行ってもらったりした。しかも、入場料を払ってもらい、子どもたちに買うからって、ついでにアイスクリームまでご馳走になった。子どもの頃の懐かしい気持ちと、申し訳ない気持ちと、ありがたい気持ちとで複雑だったけど、家族の一員として接してくれて、うれしかったな。

Mount field national park 滝!軽くウォーキングした。山登りしたい。

Port Arther
かつては、国内最大の流刑植民地だった場所。美しいけど、ちょっとゾッとした。

Richmond ステイ先の近くの小さな町。なんもないけどきれいなところ。

まとめ

やっぱり、Workawayとても楽しい!そこに住む人たちの日常をシェアしてもらって、私もシェアして、お手伝いして。世界中、これを使って旅したい。それから、もっと英語話せるようになりたいっていうモチベーション維持にもなる。

興味があればこちらから登録できます。

Immerse yourself in local culture and community. Learn, teach and share skills. Get off the tourist trail. Don’t follow the herd. Contact tens of thousands o...

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です