西 加奈子「舞台」を読んだ

主人公は、完全に自意識をこじらせている。この言葉がこんなにもしっくり人いるだろうか?ってくらい、こじらせている。

今回も西さんはいつも細かいところで、笑わせてくる。ぎゅっと苦しくなるのに、最後には笑えてきて、でもなにかがひっかかったまま、忘れさせてくれない。

続きを読む →

西 加奈子「きりこについて」を読んだ

笑った。読みながら、何度も笑った。それなのに読み終わると、やっぱり何かが浄化されたような感じがして、私はやっぱりこの作家が好きだと思った。

「自意識」とか、「人からどう見られているか」を気にしてしまうとか、西加奈子作品はそういうテーマがすごく多いのだけど、毎回、「そうきたか!」と思う。いろんな人が出てきて面白い。

41xKfbpaZoL._SX357_BO1,204,203,200_

続きを読む →