茨木のり子がかっこいい

中学だったか、高校だったか忘れてしまったのだけど、教科書に茨木のり子の「わたしが一番きれいだったとき」という詩が載っていた。
当時、私は詩に興味なんてこれっぽっちもなかったけれど、
この詩と茨木のり子という女性には強く惹かれたのを覚えている。

なんて強い詩なんだろう、なんて強い女性なんだろう。
こんな風に凛とした女性になりたい、と思った。

続きを読む →